5月26日は「東名高速道路全通記念日」|高速道路での逆走車対策は?【今日は何の日?】

5月26日は「東名高速道路全通記念日」


5月26日は「東名高速道路全通記念日」

5月26日は、「東名高速道路全通記念日」です。

1969年(昭和44年)5月26日、神奈川県足柄上郡(あしがらかみぐん)の大井松田ICから、静岡県御殿場市の御殿場ICが開通し、東京から小牧まで、346kmにおよぶ東名高速道路(東名高速)が全線開通したことが、記念日の由来となっています。

東名高速道路の開通から4年前の、1965年(昭和40年)に開通していた、名神高速道路とも小牧ICでつながり、東京と西宮の536kmが高速道路で結ばれ、日本の大動脈となりました。

 

そんな高速道路ですが、最近は逆走車の問題が多くなってきています。

もし、高速道路で逆走車に遭遇してしまったら、どのように対応したら良いのでしょうか?

 
当たり前のことかもしれませんが、次のことが逆走車対策には有効とされています。
 
まず一つ目が、「法定速度を守ること」です。

逆走車はこちらに向かって走ってくるため、あっという間に迫ってきます。

こちらがスピードを出していると、状況判断する時間を確保出来ないためです。

 
二つ目が、「車間距離を保つこと」

前を走っている車が急に避けたと思ったら、逆走車が目の前にいた、ということも考えられるためです。

 
三つ目が、「追い越し車線は、追い越す時だけ利用すること」です。

逆走車からすると、こちらの追い越し車線が走行車線にあたるため、追い越し車線を走ってくるケースが多いのです。

そして、もし逆走車を目撃することがあったなら、路肩などの安全なところに避け、非常電話や緊急ダイヤル(#9910)まで通報することを忘れないようにして下さい。

他の人たちに危険を知らせることも大切なことです。

 

というわけで、5月26日は「東名高速道路全通記念日」です。

皆さんは、高速道路はよく利用しますか?

今日はその他にも、ラッキーゾーンの日、ル・マンの日、県民防災の日(秋田県)、源泉かけ流し温泉の日、風呂カビ予防の日などの記念日があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です