5月16日は「旅の日」|旅の計画をするだけで幸福度が高まる。【今日は何の日?】

5月16日は旅の日


5月16日は「旅の日」

5月16日は、「旅の日」です。

旅を愛する作家や芸術家などによって結成された「日本旅のペンクラブ」が1988年(昭和63年)に制定しました。

1689年(元禄2年)5月16日(旧暦3月27日)、俳人である松尾芭蕉が江戸を立ち、『奥の細道』の旅へ旅立ったことが、記念日の由来となっています。

旅をするにはお金がかかりますが、それは松尾芭蕉も同じでした。

松尾芭蕉は、旅費を稼ぐために、俳句の添削を旅先でしていました。

行く先々でお金を少しずつ得ながら、なんとか旅を続けていたんですね。

旅行は、リラックス効果などがありますが、旅行の計画をするだけで幸福度が増すということも分かっているそうです。

旅先でどのように過ごそうか、何を食べようかと計画を練る段階で、脳内のドーパミンが分泌されるということです。

というわけで、5月16日は「旅の日」です。

皆さんは、旅行をするならどこに行きたいですか?

今日はその他にも、性交禁忌の日、オリーゼの日、抗疲労の日、HAE DAY、工事写真の日などの記念日があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です